トップ / 簿記という資格について

簿記という資格について

簿記資格の取得とは

簿記資格取得について

公的資格として簿記の資格があり、商業高校や経済学部などの文系大学生など幅広く受験しています。経理の基本であるため、収支計算や決算書の作成をすることができます。毎日の経理処理を行うため、伝票など細かい作業を要します。パソコンによる経理ソフトがあるため、処理が簡単ですが知識やノウハウがなければ勤務することが難しいです。決算書を基にして、来年度の予算書の作成を行う為、会社運営の知識を考えながら、今後の経営方針を見据えた計画をすることが求められます。簿記は会社の運営に左右される為、帳簿を把握することが必要です。

資格,挑戦

簿記はおすすめの資格

資格の中で人気のある簿記は、初心者の場合はまず3級の取得を目指します。スクールに通学するとより確実ですが、通信教育での自宅学習でも、比較的簡単に習得できます。通信教育ではテキストを元に、取引内容を理解したり、貸借対照表や損益計算書の書き方を繰り返し練習します。簿記の資格は企業での経理担当に就くことも可能で、その場合は2級を取得しておく方が確かです。3級は個人商店の経理レベルとされていて、1級は税理士を目指せるレベルなので、ちょうど中間にあたる2級がおすすめです。また、企業での経理事務だけでなく、営業職で利益を算出したり、製造業でのコスト管理にも役立ちます。

↑PAGE TOP